2007年07月27日

夏休みの工作課題(シンプルフルートの製作)

子供たちの夏休みが始まって、頭を悩ませているお母さんたちもいることでしょう。

そんながんばっているお母さんを応援します(笑)

次のファイルは、夏休み工作向け、フルートのテンプレートです。
A4の紙に印刷して使います。


シンプルフルートテンプレート(PDF)


シンプルフルートの製作工程

材料:総額200円程度
 塩ビ管 1本 VP16  約1m (27.9cmに切って使います)
 コルク栓 1個 上の塩ビ管に合う物(私はホームセンターで現物合わせで買いました。ゴム栓でも効果は同じです)

工具:
 ドリルまたは錐(ハンドドリルでも、電動ドリルでも可 電動なら10mmの加工が出来るものがベター)
 鑢
 糸鋸(もしくはパイプカッター)
 接着剤
 カッターナイフ等


作り方

1 塩ビ管を27.9cmに切ります。

2 テンプレートを印刷します。(少し大きめなので、縮小されないように印刷の設定をよくごらんください)

3 印刷したフルートの図を1本分切り取り、紙が伸びないように注意して、両面テープか接着剤で貼り付けます。
塩ビ管を切るのは、100均やホームセンターで売っているパイプカッターが便利ですが、糸鋸でも切れます。

4 黒丸のセンターに小さな穴をドリルまたは錐で開けます。

5 穴の直径を10mm程度に広げます。(穴の大きさで音程は変わるので、気になる人は、先に栓をしてから、外側の穴から大きさを調整してください)広げるのはカッターでもドリルでも鑢でもいいですが、丁寧にきれいに広げましょう。

6 吹き口側(一つだけ離れた穴の側)にコルク栓をします。

7 吹き口や手穴の周りをカッターできれいにします。(穴を広げないように注意)

8 出来上がりです。吹き口に吹き込む角度はかなり微妙なので、がんばって練習して音が出るようにしてください。

このフルートはD管です。

穴を全部ふさぐと レ の音になります。
外側から一つずつふさぐ指を離すと、
ミ、ファ#、ソ、ラ、シ、ド#
が出ます。半分穴をふさぐと半音程度下がるので、演奏時にいろいろと調整することが出来ます。

息の吹き方によって、オクターブ上の音も出せるので、練習すると吹ける曲は増えていきますよ。

それでは、完成をお祈りします。
posted by い〜ぐる at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アイリッシュフルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。