2007年06月02日

バイオリン・モールドパターンの作成

バイオリン製作本には、ストラド型のパターンがついてくることが多いけれど、グァルネリ型はあまり見かけない。全然ないかというと、そうでもなく、たとえば、
Violin-Making, As It Was and Is
Edward Heron-Allen (2005/08/22)
Dover Pubns


などには、グァルネリ型のパターンが折り込まれている。

だが、グァルネリといえば、パガニーニのカノン砲と、バイオリン製作者にとっては、ジェノバ市に保管されているカノン砲は垂涎の的である。

カノン砲の詳細データは、アッカルドのCDのオマケのポスターに掲載されている。



Salvatore Accardo plays Paganini's Guarneri del Gesù 1742 / Arthur Benjamin、 他


まだ、実作業は先の話だが、モールドのパターンだけでも作っておこう。

まずは、ポスターの図から、外形をトレーシングペーパーに写し取る。
DSCN0422.JPG
一応、写真とあっているかを表のポスターで確認。
DSCN0423.JPG

グァルネリのカノン砲、左右非対称である。そこで、内型の基準はどちらか選んで作成する必要があるだろう。とりあえず、センターラインを引いて考える。
DSCN0424.JPG

裏返してあわせてみたりして、どうやら、右側は弓が当たったりするせいか、多少削れているような気がしたので、左側から型を取ることにする。

モールドは、外形から4mmほど内側に相当するので、外形線からコンパスで4mm内側に線を描く。
DSCN0425.JPG

一応、これで、モールドのパターンの基礎は完了。後は、ブロックの部分の作りこみと、クランプ用の穴の位置を決定すれば、モールド作成の準備は完了(のはず)


posted by い〜ぐる at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | バイオリン製作資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。